イビサソープは危険?成分から安全性を徹底検証!

イビサソープは危険?成分から安全性を徹底検証!

イビサソープの成分を徹底検証してみました!危険性は無いのか?安全性をチェックしていきましょう。

 

 

イビサソープの有効成分

 

  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌作用があり抗菌性、抗真菌性があります。つまり、身体に発生する多様な細菌やカビに対して殺菌性があります。
  • グリチルリチン酸:漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれている成分です。お肌の炎症や肌荒れを抑制するために配合されています。

 

イビサソープの効果は実証されている

 

「医薬部外品」とは、厚生労働省の薬事法で定められたものです。「医薬部外品」と表示されている製品は、作用が穏やかに効き、効能や効果が期待できる成分が入っています。イビサソープの効能効果は『皮膚の洗浄・殺菌・体臭・汗臭および、ニキビを防ぐ』です。イビサソープに含まれている成分「イソプロピルメチルフェノール」は『皮膚の清浄・殺菌』として医薬部外品として登録されています。

 

イビサソープの天然成分

 

  • オトギリソウエキス
  • 抗菌、鎮静、肌を整える

     

  • オウバクエキス
  • 消炎、抗菌、抗炎症

     

  • セイヨウハッカ葉エキス
  • 抗菌、鎮静、肌を整える

     

  • オウレンエキス
  • 消炎、抗菌、肌荒れ防止

     

  • チャエキス
  • 消臭、殺菌

     

  • ハチミツ
  • 保湿、美肌

     

 

イビサソープの成分は危険?安全性は?

 

イビサソープの安全性はまったくもって問題ありません。むしろ敏感肌の方やアレルギー肌の方でも心配ありませんね。天然成分で作られていて刺激的な成分は入っていません。有効成分もデリケートゾーンの臭いにしっかり効いてくれるので安心して使用できますね。

 

 

イビサソープの口コミや効果はこちら>>>